読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

333

BL、生活、その他いろいろ

アセク・ノンセクさん向けオフ会を企画した話

 日、アセク・ノンセク(かも)さん、アセクノンセクフレンドリーさん向けのオフ会を企画しました。オフ会の企画は初めてで色々考えたことがあったのと、とても楽しい時間をすごくことが出来たのと、こんな私でもオフ会主催できるんだ!ということについてちょろっと記録しておきたいと思います。

 

◯発端

 関東の方でアセクノンセクオフをされているのをみて、う、うらやましい....!と思ったから。わたしは関西在住ですが、こちらの方ではあまりオフ会をやっていないっぽいので、じゃあないなら私がやればいいのでは!と思い立って企画しました。

 

◯企画の目的決定

 企画しようと思い立ったものの、私はメンタルの上下が激しく、体調もよくないことが多いし、体力もコミュ力も時間を守る能力もないので、オフ会への参加というもの自体にすごく抵抗がありました。そのうえ「主催」となってくると、もうハードルはものすごく高い。参加者として行くだけなら、最悪ドタキャンすればいいわけですが、主催が休んじゃったらもう全部おじゃんになってしまいますよね。なんというプレッシャー。

そのようなプレッシャーに負けないために、まず、できるだけ私に負担がかからないような内容にする、ということを再優先に考えました。かつ、私みたいな人にも参加しやすいような会にしたいなーとも思ったのです。

具体的には、

1.遅刻・早退・当日キャンセル可にする

2.参加人数の把握が必要ない内容・場所で開催する(参加費や予約が必要ない)

3.会の時間は2時間以下

4.参加者負担のお金や準備がそんなには必要ない

 (キャンセルへの心理的抵抗を少なくする)

5.会では話しても話さなくても何してもok

などなど。

 

◯企画の内容決定

 以上の目的を叶えられるような内容ってなんだろう....と考えた結果、

公園でピクニック(ご飯食べる) or  公民会みたいなところでお菓子食べる会

のどっちかがいいな~と思いました。どちらも、交流するかしないかは自由、ということにしておこう。そのときに、しゃべる以外の目的(ご飯食べる)を設定しておけば、交流しない人でも、なんとなくその場にいられるかな~と考えました。

最終的にはピクニックに決定しました。

 

◯懸念事項

 1.場所について

 ピクニックの場合、野外なので、周囲の人に気を遣って話さないといけない場面が出てくる可能性があります。いわゆるセクバレ(セクシャルマイノリティであることを隠していたのに、周りの人にバレてしまった・セクマイだと認識されてしまった)の危険性があるわけです。しかし一方で、野外はオフ会参加者(私も含む)が変な人だった場合や、会内での揉め事があった場合、ささっと逃げやすいので、初対面の人が多い会では、安心に繋がるかなあという期待がありました。

 一方、室内でのお話し会は、個室でやる分セクバレの危険性も少なく、周りの目を気にすることなくのびのびお話できるという利点があると同時に、密室なので逃げにくい・話が弾まなかった場合気まずいという欠点があります。

 

 前述のとおり、今回は参加者が初対面同士であったため、「もしかしたら相手が危害を与えてくる人間かもしれないという不安」に対処できる野外での開催に決めました。

個人的な考えなのですが、ネットで知り合った相手が実際どんな人間かというのは、合ってみないと分からないんですよね。ネットでは非常によい人でも、会ってみたらすっごいクズで自分に危害を与えてくるような人間だった、というような可能性は否定出来ない(というか、そういうリスクは高い)と普段から思っています。なので、参加者さんたち、そして私の安全を第一に考えたいと思ったのです。

 

 しかし企画段階では気づかなかったんですが、野外って天候に左右されるんですねー。企画日の天気予報がずーーーっと雨だったので、当日まで、もし雨になって中止にせざるをえなくなったらどうしよう!とものすごくそわそわ不安に思いながら過ごすこととなりました。

 

◯当日

前日に、集合場所と、私の服装を画像付きでお知らせしておいたのですが、集合場所がわかりにくく、みなさんを困らせてしまう結果となりました。反省。それから、下見を全然してなかったので、どこでピクニックするかとか参加者さん任せにしてしまって、結構ぐだぐだ~とした始まりになりました。

わたしが主催として当日したことは、大きめのシートを持っていくことと、ネームプレートを準備したということの2点です。すごく楽ちんでした。さらっと自己紹介をした後は、みなさんお好きに交流したりしなかったりご飯食べたりお菓子食べたりしてくださーいというかんじで、これまた参加者さん任せの会になったのですが、参加者のみなさんがすごくいい人達ばかりで、いい感じの会になったので、結果オーライです。よかった。

 

◯実行してみた感想

 すごく楽しかったです。

参加者のみなさんが非常に良い方でした!もし差別発言や問題行為をする人が混じっていた場合どどどどどうしよう私には対処できない....とか思ってたんですが、杞憂だったどころか、みなさんすごくやさしくて、協力してくださってありがたや....ありがたや....って感じでした。

 

 今回のオフで良かったところとしましては、「参加してる人全員がアセクかノンセクか、もしかしてアセクノンセク?と感じている日とか、アセクノンセクフレンドリーである」という前提でお話したり出来たことです。普段わたしは、異性愛者の人の前でもLGBTの人の前でも、自分がアセクシャルだってことは隠しています。LGBTでもアセクシャルってものを知らない人も、理解がない人も沢山居るし、そういう人達にわざわざ「わたしはこういうセクシャリティでして」と説明するのも嫌いです。黙っていれば「異性愛者でしょ」「レズビアンでしょ」と言われてしまうんですけど、それでもハハハと流してしまうタイプなんです。わたしのパーソナリティを知ってもらう上でアセクシャルでもあるとカミングアウトすることは、いろんな面倒ごとを起こすから

。だけど、今回はアセクノンセクしかいないということが分かっているわけなので、とても気楽でした。

具体的に言うと、

1.カミングアウトしなくても、アセクかノンセクかクエスチョニングとして扱ってもらえる

2.女性アイドルが好きなんです!!!!!と言っても、じゃあレズビアンじゃないの?とか言われない

3.男性俳優が好きなんです!!!!!と言っても、アセクなのに男性好きなの?ヘテロ??と言われない

4.BLが好きなんです!!!!と言っても、性嫌悪のくせにBL(=性描写が多いものというイメージのもの)読むのおかしくない?とか言われない

5.恋愛描写が苦手なんです、と言っても腫れ物扱い・めんどくさい人扱いされない

6.外見や趣味につなげて、モテがどうのこうの言ってくる人がいない

7.恋愛話がないので、うわ聞きたくないわ~知ったこっちゃないわ~と思いながらも笑顔で相槌を打つことや、反応することを強いられるような場面がない

8.短時間・低費用・ゆるさがすごい回だったので、気をはらなくても良かったところ

9.公園で開催したので、親子連ればかりで、若い男性やおっさんに絡まれる心配がなかったこと

など!これって結構ありがたいことなんですよね。一つ一つは小さなことに思えるかもしれないんですが、わたしは日々こういうことを言われたりして、それが積もりに積もって死!!!!!ってなったりするので、本当にこんなストレスレスな場所ができるなんて~と幸せでした。

あとピクニックが楽しかった。

事前連絡で当日の情報をおおかた伝えておいたため、当日慌ててすべきことがなかったというのも、主催として気楽にいられた理由の一つでした。このやり方は、前日や当日にはよくテンパる私にはとても効果的なやり方でした。

 

 反省点としては、

1.アセクノンセクオフと言いつつセクシャリティの話をあまりしなかった

 (わたしが趣味の話ばっかりしていた)

2.1に関連して ファシリテーターをすべきだったのかもしれないということ(ファシリテーター=会議とかで議事進行や準備を担当する人で、会議中には中立な立場で議論には参加しない人 ざっくりいうと司会みたいなひと)

3.わたしはたのしかったけど、他の人がどうだったのか分からない

4.二時間で解散、という気軽な会にしたかったとはいえ、本当に二時間で解散してしまってよかったのかということ(二次会をすべきだったのかということ)

5.わたしが一番楽していたこと(主催のくせに解散後一番にささっと帰った)

6.野外ということに不安を感じていた人がいたかもしれないこと

どなど。

これは次回への課題としてどうにかしたいと思っています。

 

全体的には、わたしは超楽しかったので、思い切って企画してよかったなーと思いました。あと、出来ないことの多いわたしにも企画できるということは、他の人も出来るんじゃない!?とオフ会へのハードルが下がったことと、もっと関西でオフ会しよう!という期待があがったことです。

 

次は公民館の個室オフや、関パレに適当に参加するオフとかができたら良いなあーと思っています。おしまい。