読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

333

BL、生活、その他いろいろ

ピルがないとしぬ

昨年の冬から、ピルをのみ始めたのですが、先月からピルを飲むのをやめました。そしたらすっごいPMSと腹痛とうつとしんどさが出て来てしにそうです。お腹いてえ。


もともと生理が重く、吐きそうなくらい重かった時期があったので、流石にこれはやばいのではと思い、知り合いの方からの後押されてやっと婦人科に行って、ピルを処方してもらったわけです。

ところが、処方の際しっかりした説明もうけず、院内処方で薬局で詳しく説明をしてもらうこともなかったので、不信感を持ったまま暫く飲んでいました。
でも効果はてきめんで、PMSも、腹痛もなく、経血も少なく済んでいたので、ああピルってすごいなあ、もっと早く処方してもらってたらなあとか思ってたんです。

でも最近、なんかもうやだな~って気持ちになって、勝手に飲むのやめたんですよ。
そしたら!腹がいたいわいたいわで今しにそうです。PMSもばんばん出て来て、えええーーみたいな!最近調子よかったから止めてもよかったかなと思ってたけどだめだったー!!ピルないとダメでした。


元々、薬を飲むこと自体に抵抗はありませんでした。長年精神的な病気で薬を飲んでいたので、体調不良を薬で調整することには慣れていたんです。でも、ピルには抵抗とか、不信感とかがあって、勝手にやめてしまったんです(後悔してます)。やはり説明をきちんと受けなかったことが不信感に繋がっていましたし、ピルに頼らなくてもわたしは健康に過ごせる!と思いたかったから、やめたんです。だめでしたね。

精神的な病気の方は、健康という状態から、不健康(病気や怪我)という状態になってしまったものを、もとの健康に戻すために使っているんですよね。でもピルは、女体にうまれてしまったがために背負った痛みとかをコントロールするためのものなので、若干わたしのなかでは両者には溝がある感じがしていました。

生まれつき持ってしまった性質、つまり女であることは、変えられないですよね。自分の体なのに、女であるということで苦痛に悩まされたりして、コントロールできない状態がなんだか屈辱で、ピルに頼らなければならない自分に嫌気がさしていたんです。だから、ピルがなくても大丈夫だと証明したいがためにやめたんです。だめでしたね!!

ていうかピルって高いじゃないですか、それも嫌で。なんで女体に生まれたからといってこんなにお金がかかるんだよと思ったりもして嫌だったんです。

でも、飲まないとわたしはだめだめなんですね。思い知らされました。腹がいてえ。しんどい。

抵抗はまだありますが、またピルを飲み始めたいと思います。あーあ。

1日1錠の薬をやめただけでこんなにだめだめになるなんて、おかしな話だなと思います。わたしの体はなんなんだ。不満だ。


今日中に病気行ってきたいと思います。いやだなあ