333

BL、生活、その他いろいろ

アセクのブスでもかわいい服は着る

わたしはフェミニンな服が好きです。かわいいもの大好き。でも、そのかわいい服は世間一般的には「モテ服」と呼ばれるそうです。
そして、恋愛やモテを気にしないアセクシャルが、おしゃれをするのはおかしいという考え方がどうもあるようです。


これっておかしくないですか?
かわいい服を着る=異性へのアピール=モテを狙っている=恋愛のことしか考えてない、みたいなイメージがどうもあるようですが、まずもってかわいい服装をすることが恋愛に強く結び付いていることに違和感を感じます。

わたしはフェミニンな服が好きなだけです。好きだから着ています。それ以上のことを他人が勝手に想像してごちゃごちゃ言ってくるの、ほんとうにうざったいです。


世の中の人、普通は服着てますよね。トップスにボトムス。全裸であるいてる人は見たことありません。
みんな同じようにトップスやボトムスを着ている。ただ、それぞれトップスやボトムスの形が違うだけ。そうじゃないですか?


その違いに、わーわー言われたくはありません。わたしもあなたと同じように、「服を着ている」だけです。そして着る服を「選択」しているのもあなたと同じです。


モテだのなんだの言われる筋合いはありません。わたしはただ服を着ているだけ。そしてどうせ着るなら好きなものを着たいと思っているだけ。そしてわたしの好きな服が、いわゆる「モテ服」とかいうやつなだけ。


わたしだって、葛藤はあります。モテたい訳じゃないのに、買い物してると、「モテまつげ!」「モテコーデ!」とか書いてあったりしますよね。うざったいです。でも、売る側がそういう意図をもって売っているとしても、買う側のわたしはそんなこと気にせずに自己流で着ます。


あと、ブスはかわいい格好をするなみたいな話を聞いたりするんですけど、余計なお世話極まりすぎてどつしようもねえなという気持ちにしかなりません。「ブス」だってみんなと同じくトップスとボトムスを着てるわけです。そしてそれが「かわいい」服装だった。ただこれだけのことにけちつけてくる人間のなんと狭量なことか。

そもそも、「そんな格好をするとモテないよ~」とか言ってくるやついるじゃないですか、そんなことぺらぺらしゃべるお前の神経こそ見直すべきだそんなクズがもてるんけないだろ他人のことより自分のこと心配しな、とか思うんですけどね。


まあそれはさておき、わたしはアセクシャルですが、モテは狙っておらず、でもかわいい格好をします。わたしのためです。それから、ブスですが、それも気にしません。自分の顔はこんなもんと受け入れて、好き勝手します。ブスだってメイクも楽しめるし、好きな服を選ぶ楽しさはあります。



それを、アセクシャルだからとかブスだからといって外野に言われる筋合いはありません。黙ってろ、といつも思います

可愛くなくて短足で太ってて友達も恋人がいなくても楽しい

 タイトルの通りです

最近がっつり太りまして、今年入ってから10キロ以上増えたんです。最初は太ったことが悲しかったし、落ち込んだんですけど、日常生活送るのになんら問題ないなと分かったので、最近は別に気にしてないです。

わたしは可愛いわけではないし、スタイルも悪いし友達も恋人もいないんですけど、問題ないよーという話をしたいと思います。

 

◯可愛くないことについて

化粧でどうにかなる。

自分の顔を、こんなもんかと思えるようになったらそれが一番ですけど、なかなか難しいので、「化粧をする=かわいくなる」と呪文のように思っておけば、形式的にでもいいので化粧してたら自分可愛い~だって化粧してるし、みたいな謎の自信がつきました。

 

短足について

ヒールでどうにかなる。

短足でも死にはしない。ただ、背の高い椅子に座る時、足が地面につかないのは悲しい。でもそれくらいの不便さしかないし、ももちは足がベリーズの中でも短いことを「コンパクト」でいいって言ってたからわたしもそう思うようにしました。

 

◯太ってることについて

程度問題ではあるけれども死にはしない。

いまわたしは163センチ68キロで、BMI的には限りなく肥満に近い標準体型で、お腹とお尻がやばいことになってるんですが、着られる服は探したらあるし、スタイリングによっていくらでもごまかせるので大丈夫です。しかし日本の服ってサイズ展開少なすぎじゃないですか。もっと大きめ・小さめの服を作って欲しい。

 

◯友だちがいないことについて

Twitterに頼ろう。

 

◯恋人がいないことについて

いなくても死なない。

アセクシャルだということもあるけど、特に恋人がいなくても楽しめることは多いし、「恋人を作るべき」というよく分からない圧力に屈さねばならない理由もないので、周りが恋人作るべきとか言ってきても特に気にすることはない。

 

 

よってわたしは今楽しいです。

一般的に「いいもの」とされていることが自分にとってほんとうに必要なのかと考えたら、別に必要ねーなってこともたくさんあるし、自分が楽しくなれることを追求していったらいいと思います。コンプレックスは隠せる。解消できる。もしくはなかったことにできるということに最近気づいたので、もうわたしの体や人間関係がどうあろうとフリーに好き勝手楽しいことしたらいいかなと思います。

 

新しいブログを始めました

最近投稿していた、オリジナル小説専用のブログをつくりました。

こちらです。
http://si0r1.hatenadiary.jp

 
移転しました
 
プロフィール -Caravel-


今のところ
コーヒー好きな社長×珈琲店の店員BL
髪の毛フェチ同士の百合
アイドルオタ女子の百合

が掲載されています。

こちらのほうのブログも、読んでいただければ幸いです。

恋愛信仰とセクシャルマイノリティの権利獲得は全く違うものだ

先日、このようなツイートを見かけた。


水原希子さんのツイートだった。

正直よくある、「セクシャルマイノリティに理解を示しているようにみせか ける恋愛信者」でしかないと思った。とても陳腐で浅い認識だ。

当事者の中にも、恋愛信者は沢山いる。同性婚賛成、マイノリティにも恋愛感情はあるんだよ。そう主張する人は多い。しけし驚くべきことに、そこに「人権の尊重」という視点が欠けていることがままあるのである。
セクシャルマイノリティのコミュニティに参加したとき、一番驚いたのはそこだった。人権のじの字も知らない人が多すぎる。自分が恋愛できればそれでいいと思っている人が、少なからずいたのだ。

当事者でさえそのようなありさまであるから、非当事者の認識もその程度に過ぎないのかもしれない。
しかし、他のエントリでも何度も言うように、セクシャルマイノリティの問題を「恋愛できるかどうか」という点にだけ注目するのは間違いだ。それはただの「恋愛信仰」による恋愛の推奨でしかなく、もっと根本的な人権問題をスルーしてし、「恋愛」というきらきらしたもので飾り付けただけのものでしかないと感じる。


「あらゆる人が恋愛できますように」。それにこしたことはない。しかし、そこで終わってはいけない。本質が見えていない。ただ、自分の恋愛観を述べているだけにすぎない。そこには、人権という問題意識はないのではないか。


レインボーを掲げて、自由な恋愛を勧める人が増えている。それはよいことなのだと思う。しかし、「レインボー」と「恋愛」を結びつけるだけでは、足りない。自己満足でしかない。セクシャルマイノリティの問題は恋愛だけではない。恋愛をしたいという気持ちだけでマジョリティに受け入れられたって、仕方がない。そこを知らずに、「レインボー」をかかげるのはいかがかと個人的には思っている。


若者の憧れる人からからのメッセージは、大きな影響を及ぼすであろう。セクシャルマイノリティへの理解に繋がるところも多いと思われる。しかし、影響力があるからこそ、「恋愛信者」をふやすだけになってしまうのは、とても残念である

BL比喩表現リスト

実は一昨年の夏、ふと思い立ってBL小説における比喩表現を集めてリストにしてみようと思い立ち、作成していました。なかなか作業は進まず、サンプルも限られているため、途中で放置してしまっていたのですが、さっきふとリストのことを思い出し、未完成とはいえ放置したままにしておくのはもったいないなあと思ったので、ブログにのせておこうと思います。
画像が荒くて見づらいと思いますが見てもらえるとあの夏の苦労が報われるのでよければぜひ見てね。
f:id:si0r1:20170526232352j:plain
f:id:si0r1:20170526232332j:plain