333

BL、生活、その他いろいろ

25歳、どんどん苦しい

最近とても苦しい。


7月に25歳になった。一浪し、二留目突入、うまくいけば9月卒出来るかもしれない。就職の目処はたっていない。恋人はいない。結婚の予定もない。ていうかアセクシャルだから、今後も多分予定はたたない。こどもも産まない。

お金がない。持病が寛解すらしない。将来、どうしていけばいいか、ロールモデルも見つからない。ロールモデルに支えられずに生きる勇気もない。


そんななかで、バイトを始めた。
子供の記念撮影をする写真館の店員だ。受付とか電話対応とかそんな感じの仕事だろうと適当に受けたが、大失敗だった。


家族がいる、こどもがいる、その幸せをまざまざと見せつけられる職場だった。

子供の記念日に、お金を払って、子供を綺麗に写真に納めてあげたいと思う家庭だ、円満なところばかりに決まっている。そういう家族を、延々と笑顔で迎え、見続ける仕事だ。


お宮参り、生まれたての赤ちゃん、お母さんにお父さん、両家の祖父母が集まって、幸せそうに写真を撮って帰る。

○○ちゃんあらかわいい!かわいい~!よかったね、かわいいね、ほんとうにかわいい、あ、この写真とてもいい。

そうやってきゃっきゃと幸せな時間を過ごしてみな帰る。

写真への予算は、人によるけど、5万くらい、さらっと払っていく人が多い。

それだけ、おめでたいことなのだ。


その様子を、わたしは受付に座って見ている。

25歳、なんの人生計画もたってない。恋人もいたことない。セックスもしたことない。親には負担をかけてばかりだ。

わたしは、あの空間の、あの幸せを親にプレゼントすることもできない。


恥ずかしながら、バイト中泣くときがある。あまりにもあの人たちが幸せそうで、その幸せをわたしは受け取れないし、プレゼントもできないし、それがつらくて涙が出る。


9月。卒業は決まった。

それを知って、みんなはこう言う。

「次は就職して、いい人見つけて、結婚だね」


母がわたしを産んだ歳まで、あと2年くらいだ。でも、あと2年してもわたしは結婚もしないだろう。
あと2年も、3年も4年も、それからずっと、親に失望させ続けるのだろう。ある種の幸せをプレゼントすることも、今までの苦労をある種の幸せでお返しすることもできないのだろう。


来年は26歳、再来年は27歳。
先入観もあるけど、出来ることが減っていく。大好きな洋服を、着る機会が減った。派手なネイルを塗る機会もなくなった。


制限が増えていく。
できないことが苦しい。
普通の人が出来ることができないこと。好きだったことができなくなっていくこと。好きなことをやるだけの体力や健康が維持できてないこと。
親を失望させ続けること。

恋愛できないこと。恋人を作らないこと。セックスしないこと。結婚も出産もしないこと。だけど、それがどんどん求められる年齢になっていくこと。



今、わたしはとても苦しい。

恋愛ってなんだ

 恋愛ってなんだ?という話をしたいと思います。二段階の構成になります。

 

まずは、わたしは「人類生まれたときはみんなアロマンティックアセクシャル説」という説を勝手に持っています。

これはどういうことかというと、人は生まれたときは、誰か恋をするとか、誰かに性的な欲求を持つということはなくて、成長過程で「恋愛はするものだ」という「当たり前」を習得していくのではないか、ということです。つまり、恋愛というものは教育であり、文化であるということを主張します。

成長過程でその文化に触れ、それを内面化していくことで、アロマンティックアセクシャルからロマンティックなんちゃらセクシャルになっていくのではないか。

では、そのような中でアロマンティックアセクシャルとして生きる人たちはどういうものかというと、成長過程で文化に触れなかった・触れる機会が少なかった、もしくは合わなかった、一度はロマンティックなんちゃらセクシャルになったけれども、それが合わなかった人たちのことではないかと考えています。

この考えの根底にあるのは、恋愛は「文化」であるということです。

 

この「文化」は時代によって変わっていきます。現在であれば、男女のカップルが主流で、最近やっとLGBTという人達が出てきたかなくらいのかんじ。

それで、人を好きになる(これも曖昧な感情だと思いますが)→告白なり何なりしてカップルになる→キスなどをする→セックスをする→なんなら結婚する、それは一対一の関係で行われるものである、みたいなことを異性間で行うのが現在の「文化」であるのではないか。世の中には色んなカップルの形がありますが、それは一つの「文化」の解釈が違うだけで、みんな根底に持っているものはおなじなんじゃないかな。また二個目の話でもしますけど。

 

 

二つ目の話は、「恋愛」というのは「パッケージ化」されたものではないかということです。

こちらは概念の話ではなくて、実際の行動における話です。上記のように、恋愛というものは、「人を好きになる→付き合う→キスやセックスをする(→結婚する)」という一連の行動がパッケージ化されてしまっているのではないか、ということです。そしてそのパッケージには一冊の説明書というか指南書というか、絵本がついていて、そこには「はじまりはじまり、あるところに一対の男女がいました。その二人は恋に落ち、付き合うことになり、セックスをし、『ハッピーエンド』になりました」みたいなことが書いてあるのです。そのパッケージと指南書を読んだ人は、パッケージの中の要素をいかに上手く使って「ハッピーエンド」にたどり着くかに腐心しているのではないか。

ここで、一連の「恋愛」行動を枠組みとかいう言葉ではなくて、「パッケージ」とよんでいるのは、この「パッケージ」は誰かに作られたものであり、その誰かの利益になるような商品になっていると考えているからです。もはや恋愛は商品であり、利益を上げるための手段と化している。「パッケージ」を作るのは社会であったり、企業であったり、個人であったり、様々だとおもいますが、とにかく「利益」のあがる仕組みになているのではないか、と疑っています。「ハッピーエンド」を達成しなさい、それが幸せだから、というアピールによって、利益を得ている人達がいる。

「恋をした」と言うときの「恋」は自分で考えたものなんでしょうか。「パッケージ」とその指南書での「恋愛」とは。「ハッピーエンド」はこういうものだと書かれているものをなぞっているだけでは?みたいな疑いを持っているのです。陰謀論みたいになってきてますけど。

各人の恋愛の仕方の違いは文化の解釈違いによる、と先程書きましたが、これはパッケージの方でもいえることで、なんか同人誌みたいな。絶対的な「原作」(指南書)があって、それをどう解釈してどういう物語にしていくかというのは各人によって違う。ただ忘れてはいけないのは「原作がある」ということ。

この「原作」を、絶対的なもので自然発生的、不変的・普遍的だと信用して生きる人を恋愛至上主義だと考えています。

 

 

この2つの話をまとめると、人はみなアセクシャルとして生まれるけれども、世の中の「恋愛パッケージ」という文化に触れることによって学習し、ロマンティックなんちゃらセクシャルになっていくのではないか、ということになります。

ジェンダーの話で、女らしさ男らしさは学んで内面化していくものだみたいな話がありますけど、恋愛に関してもそうなのではないかと思います。

 

恋愛は「文化」だ。ファッションみたいな感じ?

二年くらい前からこういう恋愛観流行らせていこうって誰かが決めてそう。

 

 

ところで、この話の最後に言っておかなければならないことがあるのですが、この考えが出てきたのはわたしがアセクシャルだからだ、ということです。アセクシャルであるからこそ、人間みんな生まれたときはアセクシャルという考えが出てきたんだと思いますから、そのあたりのバイアスがかかった話であるということは自覚していますし、伝えておくべきだと思いました。

 

結局「恋愛」そのものがいったいどういうものなのかという解決には至りませんでしたが、今のところ「恋愛」というものの構造、パッケージについてはこのように思っています。

わたしはアセクシャルなので、「人を好きになる」という気持ち自体がよく分かってないので、余計に難しい話だと感じてしまっているんだろうなと思います。

それは性愛者の人にとってもそうだとおもいますけどね。「恋愛」ってなんだろうって改めて考えるととても難しい話だと思います。

 

 

書き忘れたこととかある気がするので、また追記にしますが、今日はこんな感じで終わりにしたいと思います。

もしよければ、この記事を読んでくださった方の恋愛観をお聞きしたいと思います。お気軽にコメントを残して頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

わたし的最強BL攻めランキング

いろんなところでちょいちょい言ってることなんですが、わたしの考えた最強攻めランキングの発表をしたいと思います。

まず10位から。

10位 同級生
ベーシックですね。学生ものではよくあります。幼なじみを当て馬にして受けをかっさらう同級生。ありがちですね。学校生活で共に過ごす時間が長いため、受けのちょっとした悩みや危機にさっと対応できるという利点もあります。10位です。

9位幼なじみ
当て馬にされることの多い幼なじみ。しかし、同級生よりも昔から濃い付き合いがあり、なんだかんだ同級生より優位です。年上のお兄ちゃんが幼なじみの場合の強さは同級生に勝ると思われますので、9位。

8位元ヤンの先輩
受けになにかあったときの強さがはんぱない元ヤンの先輩。普段は優しいけど、なんか謎の人脈があったり、やたら喧嘩が強かったり、周りから尊敬されてるとともに若干敬遠されてるけど、実は優しいという元ヤンの先輩。ギャップがいいですね。それからやっぱり、喧嘩が強いところが10位、9位をおさえての8位となる理由です。

7位御曹司
ここからグレードアップします。
金の力は強いですからね。御曹司、強いですよ。教養があったり、周りから尊敬されていたり、学園ものだったら王様とか王子様扱いされてるかもしれないですね。あとやっぱり金の力。それからなぜか喧嘩もできることが多い御曹司。なんでもできるんでしょうね。人脈も金も教養もある御曹司。なかなかの逸材ですので7位です。

6位社長(組長)
御曹司の上位版みたいなものですかね。言っても御曹司はまだ養われていたり、親の七光り的な部分もありますが、社長となると独立していますから、その点御曹司より大人な感じがしますね。あとやっぱりこの人も金持ってますからね。金の力と権力で受けのことさらったり強引に迫ったりするストーリーもまま見受けますね。
それから、大人数を統治するという点で同じかなと思って組長も同じくくりにしてしまったのですが、性質は全く違います。まずアウトローアウトローなので大抵のことはやってしまえます。アウトローなので。拐ったり強引に迫ったりは当たり前、借金のカタに買ったり監禁したりもするかもしれませんね。なんせアウトローなんで。社長とはまた違った性質の権力を持った組長。
金と権力と強引さを許される部分があるため、6位です。

5位石油王
ベタですよね!アラブもの!受けのこと拐いまくりですよ。拐ってなんぼ。金もあります。いいですね。強いです。もうアラブものに関しては語らずともみなさん分かっていただけると思うので省略させていただきますが、強いですね。国際的な権力も持ってますしね。5位です。

4位王族
ここからまたグレードアップします。王族。好き勝手できますねえ。お金も持っています(税金ですけど)。ちょっと昔の時代設定や異世界ものであれば、剣を使える王子が出てきたりして、いいですね。強いです。あと権力ばりばり持ってますからね。一国を支配するくらいですから。異世界トリップであれば受けを保護することの多い王族、また、下働きに恋をしてしまう王族、結構身分差ものが多いですが、そんなこと気にしないのが王族です。愛ですね、その強さにより4位です。

3位天使・悪魔
さて、もうここからは人外なんで、なんでもありです。お察しください。
まず空が飛べますね。特殊能力も持っていることでしょう。天界、もしくは魔界からふらっとやってきて受けに恋をし、人外の特権を使って受けの部屋に侵入するとか、拐うとか、もうなんでもできちゃいます。人外なんでね。権力とか金とかそんな次元の話では最早ないです。人間ごときでは敵いません。そんなわけで3位です。

2位魔王
魔王。強い!

1位神
神なんで、もう1位にせざるを得ませんでした。なにが起きても、「神なんで」の一言で済ませられますから。なんで受けの危機を察することができたの?「神だから」なんで受けのこと助けられたの?「神だから」なんでそんなになんでもできるの?「神だから」ってなかんじでもうなんでもありですし、神に勝てる存在がいるのかどうか。魔王とのバトルがありそうですが、まあ神が勝つでしょうね、神なんで。
神といえども、全知全能の神もいれば、八百万の神もいますから、十人十色、様々な特性を持っていることでしょう。しかしどれにしろ神なんで、強いですね。ということで文句は受け付けません、1位です。


ということで、わたし的最強BL攻めランキングでした。こんな攻めもいるよ!というご意見があればまた教えて下さい。
わたしの好みは幼なじみですね。幼なじみのお兄ちゃんが好きです。

ということで!

もうアセクシャルって説明したくない

アセクシャルって説明したくなくなりました。なんで一方的に説明を求められるんだろう。「アセクシャルってなに?」「恋愛感情がないってどんなかんじ?」

じゃあ、そう質問するあなたも同じ事をわたしに教えて下さい。「あなたのセクシュアリティってなに?」「恋愛するってどんなかんじ?」

答えられますか?質問攻めにあって、ときには否定されながら、それでもわたしにメリットのないかもしれない応答をするコストを考えたことありますか。

正直、メリット、ほぼないんですよ。何回も何回も同じ事を繰り返し説明すること。とっても面倒、理解されない。説明を求めておきながら理解されるかどうかわからない。セクシュアリティっていうプライベートなところ、セクシャルな面を開示しなければならないこと。苦痛です。もういやだ。

アセクシャルかもって思ってる人が、他の人の話を聞いてみたいって思ってることは知っているし、わたしもそういう時期がありました。自分のことが分からなくて、不安で、自分はおかしいんじゃないか、人と違うんじゃないか、苦しんだときもあります。そういう人たちに、同じような人はいるんだと伝えていくことは大切だし、アセクシャルを自認したわたしの責任?でもあると思います。だけど、正直もういやなんです。

他人にセクシャルな話を求められること。話すことを強要される場。もういやです。

しゃべりますよ、必要に応じて。それは先程も言いましたが、自認した身としての責任というか、やっていく方がいいことだとおもうからです。頭ではわかっています。でも、見知らぬ他人に、セクシャルな部分を一方的に、どんな反応をされるかわからないのに、素直に開示することは怖いんですよ。すなわちジャッジされる身になるってことなんです。それに、みんな色々あるのに、わたしの経験が基準になってしまうかもしれないです。怖い。あとその違いを説明するのも面倒くさい。違って当たり前って前提くらい共有しておいてほしい。

認知度が低いから、説明してくれるよね?じゃないと分かんないし。そんな態度でプライベートの開示を求められる。失礼だと思う。創造力が足りないと思う。

アセクシャルってなに?

調べろよ。
アセクシャルだけじゃなく、他のことについたって、ある程度の基礎知識くらい自分で調べて整理してから聞いてよ。全部、聞こうとしないで。わたしの経験まで聞き出そうとしないで。プライベートなところに踏み込んでこないで。

最近ちょいちょいカミングアウトしますけど、そのときの説明も簡素にしています。「恋愛感情がなく、性的欲求が他人に向かないこと」。おしまい。

わたしの経験に興味を持ってくださった方が、話を聞きたいって言ってくださるのは嬉しいんですよ。だから過去わたしのセクシュアリティについて書いた記事が沢山あります。実はエゴサめっちゃしてるんですけど、誰かの助けになっていることもあるもあるみたいで嬉しいです。


でも、現実世界で、対価(というた生々しい感じがしますが)もなしに、一方的に説明しなきゃならない現状には疲れました。わたしが説明したいときに説明する。それはおっけー。でも、興味本意で質問攻めにあうのはもう勘弁。

もうなにもしゃべりたくないです。相手の好奇心を満たすためにアセクシャルであるわけじゃない。そこのところ分かってるの?


わたしはアセクシャルです。その通りです。その自認に至るまで色々ありました。本当に色々ありました。その色々を、開示することでなにかのお手伝いになれることも知っています。嬉しいことです。だからといって誰にも彼にもわたしのプライベートなところを開示する必要ない。そんなことを求められてもわたしは応えたくない。アセクシャルはわたしのアイデンティティの一部ですが、そこだけを抜き出して話すのは難しいです。そのことにも気付いてほしい。もうやめたい。


今は正直そう思います。
わたしに開示を求めてくる人たちへ、わたしはあなたたちの興味関心を満たすための存在じゃないです。飽き飽きしました。プライベートに踏み込んでいることに気づいて。


わたしはもうアセクシャルであることを説明したくないです。

デブでもかわいい服を着る

ここのところの記事を見れ貰えればわかると思うんですけど、最近のわたしは体についてのコンプレックスに苛まれています。

「ブス」「デブ」。

わたしはいま163センチの68キロで、自分の中でのベスト体重であった55キロから13キロも太りました。きれいに着られなくなった服もあります。でもそれはそれでいいかなって思ってたんです。BMI的に言うと、(この前確認した段階では)限りなく肥満に近い標準体型です。でもいっかなーそれなりに着こなせる服もあるし、と思っていたんです。

 

だけど、この前、母に「この服可愛いと思うんんだよね」って言ったら、「自分の体型分かってるの?」と言われました。「シルエットから変わってるよ、絶対に合わない。今の体型で膝だしはみっともない」そういうことを言われたんです。

 

ショックでした。わたしは自分の体型を受け入れているつもりでした。でも、人に「デブ」っていわれることのショックはちょっと整理がつかないくらいショックでした。

 

たしかに今のわたしは太っています。なんならブスです。可愛い服なんか着るなって、みっともない格好をするなって言ってくる人もいるでしょう。わたしはそれがとても悲しいです。

 

コンプレックスって、自分で持つものというよりも、他人からのジャッジによって形成されていくものなんだなと感じています。「デブ」「ブス」。自分でそうかも~でもいっかなって思ってるより、人に言われたほうがきついです。

コンプレックスは、自分で作るものというよりは、他人からの評価に左右されてしまうのがわたしなんだなと感じて、それも情けないです。

 

 

といいつつ、わたしは膝上のスカートも露出の多い服も着ます。ネットとかで見ている分には可愛いけど、自分で着たら似合わないだろうな、体型的にもなあ、と自分で思うこともあります。だけど、これは着たい!と思うものは、わたしがブスでデブでも着ていきたいです。

膝か出ていることの何が悪いんでしょう。わたしの太い太ももが見えていることがなにか問題になるのでしょうか。たしかに、思っていたイメージと自分で着てみたときのギャップに落ち込むこともあります。でも着ていきたい。チャレンジしてみたいのです。そのチャレンジを誰かのジャッジによって阻害されることは、わたしには必要のないプレックスを生み、自分でも好きなことが出来なくなってしまうことになってしまいます。しれは避けたいのです。

コンプレックス、馬鹿みたいに沢山あります。だけど、それを克服していきたい。わたしがどんな見た目でも、好きな格好をしたい。それはここ最近のエントリでもしつこくしつこく言っていることです。繰り返し同じことばかり言っていて申し訳ないのですが。

 

渡辺直美さんみたいな、そういうファッションのスタンスでたいです。バービーも好きです。どんな見た目でも、どんな侮蔑をされても、気にしないで、かわいくなることに努力をする。そういう人間になりたい。

今はまだそこまでの覚悟はないし、「太った」って言葉にいちいち傷ついてしまいますが、今後更に太るにしろ、痩せるにしろ、かわいい格好格好を追求することは辞めたくないです。