333

BL、生活、その他いろいろ

痴漢やレイプに会った時、相手を殺せるか

 今まで、ありがたいことに性犯罪の被害者になったことはありません。しかし、今後そういった被害に遭うリスクは非常に高いと思っていますし、いくらこちらが警戒しようとしても、そういった被害は突然やってくるものだと思っています。そんな世の中であることにまず失望するんですけど。

で、たまに考えるのは、もしわたしがレイプや痴漢に遭った時、相手を殺せるかどうかということです。

 

昔、1歳年下の弟と喧嘩したことがありました。幼いころは対等に喧嘩できていたけれど、大人になってからの喧嘩は、圧倒的に弟の方が有利でした。対して体力もない弟ですが、手を拘束されたらもう抵抗ができません。こちらも穏便に済ませたいので、拘束して抵抗したいと思うのですが、できないのです。そこで、そんな非力なわたしができることというのは、相手を殺す勢いで抵抗することです。自分が被害者になるか、相手を被害者にするか。わたしだったら後者を選びます。だって被害に遭いたくないから。相手を殺してでも、自分の身は守りたいです。対等な力関係で穏便に解決できるなんてことは理想だし、わたしが相手を押さえ込むことは出来ません。出来るのは、相手に重症を負わせることだけではないかと、弟との喧嘩で痛感しました。

 

前にもこの話はしたと思うんですが、素手では弟に勝てないとわかった時、わたしははさみを出して抵抗しようと思いました。殺さねば負ける。そう思ったのです。

 

なんで殺すとか殺さないとかそんな物騒な話になるのかちょっと自分でもよくわからないんですが、「抵抗が見られなかったので被害者の主張は却下」とか言われる世の中で、自分の保身をするためには相手を殺す勢いを持っていなければならないんじゃないかって思うんです。「死ぬ気で抵抗する」なんてことは無理です。こちらが死ぬのではなく、相手を殺すという方向でやらねば、被害者になるだけです。並大抵の抵抗では、男性相手には通用しません。致命傷を負わせて勝つか、逃げるしかないと思います。加害者が暴力や刃物等と使用してきた場合、特にそれに対抗するだけの力がわたしには必要だと思っています。それが相手を「殺す」という形で実行するしかないんじゃないかと思って。

 

本当はそんなことしたくないです。殺人なんかしたくないけど、レイプされるよりは刑務所に入ってる方がましじゃないかって思うくらい、レイプには恐怖感を持っていますし、絶対被害者にはなりたくないです。加害者になる方がまし。

 

極端な話で申し訳ないんですが、わたしはレイプが横行していて、それが咎められない世の中で、自分の身を守るためには、殺人も辞さないという気持ちでいます。

 

 

強姦殺人で、抵抗されてカッとなって殺した、とかいう理由が普通の世界で、被害者が被害になってカッとしたから相手を殺すこともあるんじゃないかと思うんですけど。どうなんでしょうね。