読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

333

BL、生活、その他いろいろ

「大切な人」にカミングアウトしなかった話

生活 セクシュアリティ

 先日、超好きで超大切な友人と遊んできました。中学校からの付き合いで、最近は年一回か二回会えるくらいの人なんですけど、今回は泊まりで二日間遊んできました。ハッピー。

 

 今回、わたしはその友達にアセクシャルであることをカミングアウトした方がいいかな、しようかな、と思って行ったんですが、結局、特にセクシュアリティについて話もせず、カミングアウトもなく帰ってきました。そして、そのことがなんとなく嬉しく思ったのでエントリにしました。

 

 遊んでいる間、彼氏のことや結婚のことも話に出ました。その子はいま、彼氏が欲しいからと積極的に恋人探しをしている人だったので、話の半分くらいは恋人についてと、同世代の人達の恋愛・結婚の話だったんですが、わたしの恋愛事情については聞かれることもなく、わたしがどんなセクシュアリティであっても普通に聞いていられるし、普通に受け答えできるような、そんな会話で、このままこういう関係でいられるのではないかと思えたので、今わざわざセクシュアリティについて話して、カミングアウトする必要はないかなと感じました。

 

 今までなんとなく、セクシャルマイノリティの中では、「大切な人」にはカミングアウトしても大丈夫、しても受け入れてもらえる、したほうが良い、というような雰囲気があると思っていたので、わたしもその子にはカミングアウトした方がいいのかな、知っておいてもらったほうが良いのかな、と考えていたんですが、別にセクシュアリティについて言っておかなければ会話も出来ない、信頼してもらえないというような間柄ではないということを今回感じました。セクシュアリティが違っても、わたしのことを全て伝えておかなくても、大切な人として付き合っていけるという風に思ったんです。

 

 それがなんだか嬉しかったです。

 

 「大切な人」ってワードが、なんとなく縛りになっていたというか、セクシャルマイノリティの中では「大切な人」ってすごく重要なポジションで、いずれカミングアウトとかしなくちゃならない相手みたいな、そんなイメージを勝手に持っていたんですが、別に「大切な人」との中でカミングアウトが第一の問題というわけでもなく、その人と付き合っていく中で必要なら言えばいいし、必要でないなら言わなくても良い、そういうものなのかも、という風に思って、目から鱗というか、その相手との関係の形成の仕方、維持の仕方に新たな、自由な選択肢が生まれたように感じました。隠す必要もないけど、言う必要もない。他の話題について考えると当たり前のことなんですけど、セクシュアリティについては、無条件で告白すべきだ(そして受け入れてもらうべきだ)という「大切な人」信仰みたいなものがあるんじゃないかと勝手に思い込んでいて、「言ったほうが良い」という圧力を勝手に感じてしまっていたんだと思います。

 

 今後、カミングアウトすべきときが来るかもしれない。その時は話そうとは思いますけど、今の段階では必要ないし、相手もわたしの恋愛についてどうこう言ってくる気もないようだし、わたしがアセクシャルだと明らかにして話さなきゃいけない(話すことを求められる)こともなさそうなので、特に気負わずいればいいかな、と思いました。

 

 自分の一部について言わない、ということに引け目をかんじたり、気負わずいられるというのは、結構ありがたいことだと思うので、今回の二日間を後から振り返ってみて、なんだか嬉しかったです。