読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

333

BL、生活、その他いろいろ

2014年の振り返り   目標編

 2014年ももう終わりなので、今年を振り返ってみようと思います。

 

 今年は、去年に引き続いて、家から出て色々やってみることと、人に会うことを心がけていました。それと、これが今年で一番大事な目標だったんですが、若い人っぽいことをやってみる、の3つでした。

 私は高校のときから家に引きこもりがち、日常的に会う知人・友人がほぼいない、数少ない友人たちはちょっと変わってる(と周りから評価される)人たち、というかんじでずっと暮らしてきていたので、世間の常識とか、一般的にみんなどういう風に暮らしてるのかとか、そういうのにものすごく疎いです。別に、そういう状態であってもすごく困るわけではないんですが、自分のどこがどれくらい世間とズレてるのかを把握してみたい、と思ったので、今年は同世代の人たちと交流することを面倒臭がらないようにしよう、と決めて過ごしました。

 これに関しては、結構上手く行ったと思います。それに伴って、人に会う、外に出るという目標も達成できたのでよかったです。

 

 交流するなかで、自分と人とを比較してみて思ったのは、私のセクシュアリティはおそらく、恋愛以外の人付き合いの仕方とも関係があるのかもしれない、ということでした。今年は、Aセクシャルとして、セクマイの集まりとかにも行ったりしてたんですが、恋愛に限らず、そもそもの人との付き合いに対する意欲がものすごく希薄だと感じました。

 

 まあだから何ってかんじなんですけど。

分かったことの内容がどうか、というよりも、人との交流の中でしか発見できないこともあるということが分かった、ということが今年一番の収穫でした。あと、人を選べば、人付き合いはそんなに苦にならないということ、あと日常的に会える人ができたということが分かったのもよかった。

 若い人っぽいことをする、に関しては、まだまだ初心者レベルなので、来年も色々やってみたいと思います。言葉遣いとしゃべる時の雰囲気・テンポが一番難しいです。あと遊びについても経験値がものすごく低いので、来年はもっと遊びたい。

(ちなみに「若い人っぽい」について。私は自分のことを若いと思ってるし、実際歳も若くてまだまだ出来ないこともたくさんある青二才なんですけど、それと「若い人っぽい」っていうのはまた違うと思っているので、そんな感じで読んで下さい。若い人っぽいの説明はしづらいんですけど、なんか若者特有のテンションとか価値観とか生活の仕方だと思ってもらえればいいです。)

 

 ということで、今年の目標は、大体達成出来たほうだと思います。来年に向けての抱負としては、引き続き若い人っぽくなるために、話し方と遊び方を研究することと、それに付随して若い人の価値観を観察することです。

来年も頑張ろう―