読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

333

BL、生活、その他いろいろ

狐耳くんと元ホストのコスプレ生活記

レビュー

 年の冬、関ジャニ∞の錦戸くんと、HeySayJUMPの知念くん主演の『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』というドラマが放送されていました。一話目はちょっとだけみたんですが、錦戸くんの胡散臭さと演技のぎこちなさ、知念くんの物慣れなさになんとなく満足してしまって、このお話のメインテーマが出てくる前に視聴をやめてしまい、その後も特に注目しないまま、そんなドラマもあったなーと記憶もぼんやりしかけていました。

 ところが昨日、本屋で偶然、ドラマの原作となった小説を見つけたのですが、シリーズ一巻目の表紙がこちら。

(P[あ]4-1)よろず占い処 陰陽屋へようこそ

この少年、耳が生えています。学ラン+ダッフル+マフラーのコンボでは飽きたらず耳が!耳が!!!しっぽも!!!!!!かわいい!!!!!陰陽師っぽい人も、ドラマとは少しビジュアルが違って、線の細い長髪の色白メガネになっています。
二巻以降の表紙にもこの二人が描かれていて、それがずらっと本屋に平置きされていました。

f:id:si0r1:20140213224455p:plain

しょた狐くんかわいい。どれをみてもぽんやりあほ顔でかわいい。若干漂うBL臭がいい。ふらふらっと引き寄せられるように本を手にとってあらすじを読んでみたところ、

母親にひっぱられて、中学生の沢崎瞬太が訪れたのは、王子稲荷ふもとの商店街に開店したあやしい占いの店「陰陽屋」。店主はホストあがりのイケメンにせ陰陽師。アルバイトでやとわれた瞬太は、じつはキツネの耳と尻尾を持つ拾われ妖狐。妙なとりあわせのへっぽこコンビがお客さまのお悩み解決に東奔西走。店をとりまく人情に、癒やされるほのぼのミステリ。

・・・とのこと。中学生。拾われ。狐。元ホストのところでアルバイト。ちらっと中身を見てみたら、しょた狐くんが熱で倒れてしまい、力が弱まって狐耳が隠せない状態のところを、元ホストが自分の上着でくるんで看病するシーンが。買いました。

家に帰ってしっかりよんでみたところ、あらすじ通りの癒されほのぼのミステリで、嫌なことも難しいことも考えることなくさらっとライトな、楽しく読める作品でした。

 実は、BL小説以外の作品を読むのは相当久しぶりでした。私は男女の恋愛モノが非常に苦手で、そういった描写があるものは読めません。恋愛以外にも、男女間の関係や男女での扱いの差なんかにひっかかりを感じることが多くて、楽しんで読める作品が少ない一般小説は、基本的に手にも取りません。そのため、今回『陰陽屋』を購入した際も、いきなり男女の恋愛要素が入ってきたらどうしよう(なんせ主人公は多感なお年ごろの男子中学生とタラシ元ホスト!)、とびくびくしていたのですが、恐れていたことも起きず、むしろ、女性が働いて男性が家事をするライフスタイルが提案・実行されていたり、女性から男性へのDVなんかが扱われていたり、従来の典型的な「家庭」の形から抜けだした家庭が描かれていて、かつ私のジェンダーフェミニズム的観点から見てひっかかるような点もほぼありませんでした。恋愛要素が全くないわけではないのですが、性的なニュアンスを含んだ描写は全くないし、男性から女性への、限りなく憧れに近い片思いがちょろっと出てくるくらいで、私にとって大変やさしい作品となっていました。それに、なんといってもしょた狐くんがかわいい!
 上でも少し触れましたが、この巻は、家庭・家族のあり方がテーマになっているようです。拾われっ子だけどとても大切に育てられたしょた狐くんの家庭、DVが行われている家庭、相続争いが苛烈な家庭、両親とも趣味に打ち込みすぎて不在の時間が多い家庭、妊娠を機に娘を勘当してしまった家庭、研究のための政略結婚をした家、母親が息子に異常な執着を見せる家庭・・・・・などなど、いろんな家庭がでてきますが、どれが一番いいのか、というような話はあまりされていません。家庭の問題に深く切り込むことはせず、だからといって適当に扱うわけでもなく、どの家にも何かしら問題があるし、家族だからといって必ずしも仲がいいわけでもないし、理不尽で嫌なこともあるけど、悪いもんでもないかもねー色々あるよねーあーしんど、みたいなゆるーいまとめかたになっています。だけど、そのゆるさがとても心地いい。日常のちょっとした出来事、事件の解決、家族の問題に向き合うとき、誰かの正義、誰かの常識で善悪の区別つけられることがない。糾弾されることがない。

 

 すっごく面白くて興奮する!とか大きなインパクトがある!という作品ではないんですが、なんとなく先が気になってしまう、ふとした瞬間に読み直しちゃってまた癒される、そういう作品でした。まんまとはまってしまった・・・・次の巻も買いに行こうと思います。次巻では、しょた狐くんは高校生になっているようですが、高校はブレザーなのか詰め襟なのかが非常に気になるところです。

 

 

ポプラ社 『よろず占い 陰陽屋へようこそ』http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=81111000
 

2013.2.15一部修正しました